眞馨

つむぐことのは
眞馨 TOP  >  2016年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

08/11のツイートまとめ

sanakaoru

-------------------
08-11 21:56

かつて企画され、立ち消えになり宙に浮いたモノが見つかりました。
08-11 21:56

それは「艦隊これくしょん」の二次創作で、提督の体験談を聞いて書いたものです。このまま消えてしまうのもなんなので、こんなさびれた場所ですが、流してみたいと思います。
08-11 21:58

艦これ二次創作「三の白き娘」
08-11 21:59

「……提督よ……提督よ……」 遠くから声が聞こえた。 暗く暗く沈んだ海の底、白く淡く光り浮かぶ娘達が三人。懐かしそうな顔をしてこっちを見ている。 さて、彼女達に覚えはあったか……。
08-11 21:59

「……提督よ……」 また遠くから声が聞こえた。 三人の白き娘が笑う。 懐かしさか、嘲りか、仇に出会った喜びか。 私には解らない複雑な表情で彼女らは笑う。
08-11 21:59

「提督よ!」 頭に衝撃が走る。意識が遠くに、しかし引き上げられるように。目の前の娘達がどんどんと小さくなる。その表情はもう見て取ることはできない。 あぁ、そうか。 彼女達は。
08-11 22:00

落書きされた板張りの床。壁際の姿見。少しくすんだ壁。そして諸事情で莫迦みたいに大きくしなくてはならなくなった両開きの扉。私は深海の底から鎮守府の司令室に引き戻された。「お主、なかなかに暇そうじゃのぉ」「あぁ……はぁ……」
08-11 22:00

声のする方に顔を向けると、髪を二つに結った女性が目の前にいる。彼女は重巡洋艦の艦娘で、第一艦隊の旗艦を務め、また私の秘書としても働いている。言葉遣いとは裏腹に顔も体つきも行動も少し幼そうに見えるが、それでも私よりは十分に大人だ。
08-11 22:00

少なくとも勤務の最中に机に突っ伏して寝てしまっていた私よりはずっとずっと大人だ。
08-11 22:01

スポンサーサイト
[ 2016/08/12 03:21 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Author:さなかおる
百四十という数字が私に何かをもたらしそうな気がして。

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。